footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年シーズンのチーム編成②:アビスパ福岡

今回は新体制を実際のフォーメーションに当てはめての考察。


井原監督は事あるごとに理想はシメオネのアトレティコ・マドリーと
言っているので、4-4-2で。

FW ●松田、坂田、崎村 ●ウェリントン、中原

OH ●石津、山瀬、為田 ●城後、ジウシーニョ、邦本、三島
DH ●ダニルソン、末吉 ●三門

SB ●亀川、下坂    ●中村、駒野
CB ●岩下、堤、濱田  ●冨安、實藤、キム
 
GK ●神山、杉山、兼田、山ノ井


全体的には各ポジションで、スタメンとそれに続く選手との差が
かなりなくなってきたように感じます。

センターバックは岩下の加入で力強さがプラスされた。
田村もいる前提で岩下が入っていたら戦力バランスはもっと良かったかも。
岩下とコンビを組むのは誰になるのか。
個人的には冨安をファーストチョイスにしながら回してほしい。

サイドバックはやはり層の薄さは気になる。
ユーティリティープレーヤーに期待するしかないのか。
ジウシーニョのサイドバック起用もありそうな気が。

ボランチは三門を軸に回るでしょう。
ケガ人が出ても冨安や堤もこなせるので、それほど心配ではないか。
ここでもジウシーニョを1段下げるという選択肢もありか。
個人的には三門と邦本を組ませてみたい。
人に積極的にいける三門とパスを散らせる邦本。
ボールを支配できるのであれば、いいコンビになりそう。

アタッカー陣は2トップの一角でもサイドアタッカーでも
働けそうな選手が多く、そこの組み合わせはバリエーションが
たくさんありそうだが、ウェリントンが離脱した場合に
怪我がちの中原だけでは厳しそう。
ポストプレーで身体を張れる人材に少し不安が。

4バックの場合、ダニルソンのコンディションしだいでは
4-1-4-1に本格的に取り組むことも考えられそう。


次に、状況によっては3バックシステムとの併用も
当然考えているはずなので、3-6-1でも。

FW ●ウェリントン、中原、、松田、坂田

OH ●石津、山瀬、崎村 ●城後、ジウシーニョ、邦本
DH ●ダニルソン、末吉 ●三門

WB ●亀川、為田、下坂    ●中村、駒野、三島
DF ●岩下、冨安 ●濱田、堤 ●キム、實藤
 
GK ●神山、杉山、兼田、山ノ井


人員配置的にはこっちのほうがしっくりくる気もする。
ただ、どうしてもチームの重心が下がるので、
一昨年や昨年とは違った3バックシステムの構築も必要になってくるはず。


ここにウィリアン・ポップが加入すると考えると、
攻撃的なチームに変貌していくのか。

一昨年のJ2で3位の経験で、ある程度守備は計算できるという
目算が垣間見えるが、ビルドアップの部分も含めて、
まずは守備陣のレベルアップと構築が先決だと個人的には考えます。
J2の状況も一昨年と比べるとかなり変わっているので、
楽な戦いにはならないはずなので。


開幕がこんな感じだったら、ちょっと夢があるなぁ。

    ●石津  ●ウェリントン
●山瀬 ●邦本  ●三門 ●ジウシーニョ
●亀川 ●岩下  ●冨安 ●下坂
       ●神山

(SUB)杉山、實藤、駒野、ダニルソン、城後、松田、中原



↓ 応援のワンクリックを m(__)m
 
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。