FC2ブログ

footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好循環になるか?:アビスパ福岡

大会名:2017JリーグDAZNニューイヤーカップ 宮崎ラウンド
日時:2017/2/4 11:00 KickOff
会場:KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場

・アビスパ福岡 4-0 V.ファーレン長崎

-----
アビスパ スターティングメンバー

坂田 松田
為田 末吉 ダニルソン 邦本
下坂 堤 濱田 中村
神山


・前半
互いに高い位置からのプレス。
ビルドアップの質を試されるシチュエーションは良。
7分、下坂の縦パスに為田が反応、左サイド突破からのグラウンダーのクロスに
松田が合わせて幸先良く先制。
松田のニアに行くと見せかけて中に流れる駆け引きが素晴らしい。
2トップの坂田と松田は攻守の切り替えが早く、チェイシングもコースをしっかり切るので、
後ろの選手も連動しやすそう。
ウェリントンのときは単騎で追うだけで連動に乏しいと感じるので、とても効果的で好印象。
為田と邦本の両サイドハーフも気合十分で守備も献身的。
激しいポジション争いが功奏か。
21分、末吉が好判断でクイックリスタート、裏に抜けた坂田がそのまま突破、
最後は技ありループで2-0。
29分、邦本が仕掛けて左サイドを突破、ゴール前の松田へクロスも長崎DFがギリギリでカット。
ゲームも少し落ち着きだし、ビルドアップにも余裕が出てきた。
33分、堤のロングフィードに坂田が左サイドに抜け、ニアに走り込んだ松田にマイナスのクロス、
しっかり合わせて3-0。
ダニルソンが怪我。(交代)ダニ→冨安。
ダニルソンはコンディション良好でクイックリーな動作も問題なかっただけに心配。
組織にフィットしてる感は乏しいものの、とにかく人に強く、ボール奪取ではいい働きでした。

・後半
スタートは交代なし。
守備時の連動は、冨安に替わってからスムーズになった印象。
62分、(交代)邦本→ポッピ。ポジションはそのまま。
邦本はボールを持ったときの技術は素晴らしくワクワクさせるが、プレーの選択や
オフ・ザ・ボールの動きに課題か、このままでは豊富なアタッカー陣のなかでは
オプションにはなるがレギュラー奪取はちょっと厳しいか。
64分、(交代)坂田→三島。三島が右サイド、ポッピが松田と2トップに。
69分、左サイドで裏に抜けたポッピがサイドチェンジ、北斗のクロスに三島、
ヘッドは枠外も、いい攻撃。
76分、(交代)松田→城後、為田→石津。ポジションはそのまま。
81分、神山が怪我。(交代)神山→杉山、北斗→西くん(ユース)。
神山はほぼピンチがなく無難にプレー、筋肉系の故障のようで心配。
北斗はコンディションは悪くないようだが、正直、衰えが見えてしまい少し淋しい。
87分、中盤でプレスからパスミスを誘い、城後がドリブルで運び左のポッピへ、
ポッピのテクニカルなファーサイドの角を狙ったシュートをGKがなんとか弾くも
そこに城後が詰めて、フリーでヘッド、ゴール。
そのまま試合終了。4-0で勝利。


プレシーズンマッチとはいえ、やっぱり勝つと気持ちいい!
全体的にモチベーションが高く、気持ちが見えるプレーぶりで内容も結果も伴いました。

長崎は昨シーズンから16人の選手が入れ替わっており、連携もまだまだの印象で、
高木監督も試合後に言っていたように、キャンプで追い込んでおり、コンディション的には
十分ではない状態のようだったので、割り引いて考える必要はありますが、
終始、アビスパのほうが優位に展開することができました。

交代で入った選手もモチベーションが高く、石津などは以前とは別人のように
守備で頑張っていました。ネルシーニョのおかげ?
なかでも特にポッピは好印象で、運動量も技術もあり、城後のゴールのときの
ノーステップで巻いてファーサイドを狙うシュート技術にはちょっと痺れました。
数多くいる今シーズンのアビスパのキーマン候補ですが、
自分はポッピの活躍が自動昇格の鍵を握っていると思っているので、
早く試合のスタートから観てみたい、しかもFWとしてより相手ゴールに近い位置の
ポジションでの出場に期待したい。

終始、相手の3バックの横のスペースを突く攻撃が効果的で、
自分たちが3バックのときにやられていたことを逆に上手くできており、
DFからの長めのフィードで何度もチャンスが作れていました。
逆にビルドアップはまだまだぎこちないところもあり、どちらかというと受け手の問題で
CBが持った際のSB、ボランチ、サイドハーフの受ける位置に改善の余地ありか。
ただ、無理して繋がず、フックパスで意図的に前線に入れておいて、
しっかりとFWが反応しているシーンが何度かあり、この割り切りは悪くないと感じました。

攻撃の意図も明確でチャンスも多く創出できましたが、
その割にはシュートは5本と、もう少しシュートが欲しかったかなという印象。
撃てるような場面でもシュートかパスかの判断が遅れて、
シュートコースがなくなってしまうことが何度かありました。


今日のようにしっかりとハマったときはいいパフォーマンスができるわけで、
一気に層が厚くなったメンバーの中から、特にアタッカー陣の組み合わせや
相手との相性など、選手起用や戦術などで今シーズンは監督の采配の手腕が
より試される状況になったと思います。

井原監督の真価が問われるシーズンになりそうです。



↓ 応援の一票を m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓ 他のブログにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comments


Body

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。