FC2ブログ

footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎キャンプを終えて:アビスパ福岡

先週の土曜日のC大阪とのTRMで宮崎でのキャンプが終了しました。

開幕までは雁ノ巣で仕上げ作業を行うことになり、
おそらく雁ノ巣の完全非公開の日にTRMが入ると予想されますが、
いずれにしてもキャンプが終わると、”そろそろ感”が一層増してきますね。


宮崎でのNYCとC大阪とのTRMを経て、
今シーズンの戦い方がある程度見えてきた部分がありました。

フォーメーション的には結局ずっと4バックで通していたようで、
少なくとも試合では3バックをテストした場面はなかったはずです。
つまり4バックがベース、というかよっぽどのスクランブル状態に
ならない限りは、今シーズンは4バックで戦い続けるのではないでしょうか。

チーム編成を見ても、当初は少し前線に偏っていた印象がありましたが、
おそらく編成に着手する段階で4バック1本の構想だったのでしょう。
そう考えると岩下を軸にコンビ候補は冨安と濱田、
スタメン組が故障やカード累積の出場停止になっても實藤や堤が控えていると
考えると、枚数的に不足している感はそんなに感じないかもしれません。
多くの攻撃的な選手の補強も、4バック前提である程度主導権を握りながら
戦っていきたいという意識の表れなのかもしれません。


一昨年は3バックと4バックを併用しながら、あくまでもブロックを形成した
守備をベースに、きわどい試合をモノにしてJ1昇格を果たしました。
昨年も一昨年の守備をベースにスタートしましたが、通用したと言える状況では
ありませんでした。
編成に関しても、1年目は当然といえば当然でしたが、J1に挑んだ昨年でさえ
充分な補強ができていたとは言えないような状態でした。

それがここに来て、ある程度要望に近い補強ができたとするのであれば、
相手のストロングを消しながら守備をベースとする戦い方から
重心を前に置いて、積極的に前からボールを奪いにいき、
自分たちが主導権を握る時間をもっと多くしたい。
4バック、それもキャンプ中も一貫していた4-4-2、つまり以前から
理想と言っているアトレティコ・マドリーのフォーメーション。


3年目の井原体制は、こちらが思っている以上に戦い方を大きく変えていく
ことになりそうですね。

クラブとして今後向かうべき方向性、チームとして1年でのJ1復帰そして定着、
井原さんの監督としてのキャリア、などなど、
色んな意味で勝負を賭ける一年になるのかもしれません。



↓ 応援の一票を m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓ 他のブログにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comments


Body

« »

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。