footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の意味:ALLORO CUP

土日は久しぶりのジュニア、グローバルアリーナでのALLORO CUPに
参加してきました。

初日は1勝2敗でグループ3位となり、2日目はフレンドリートーナメントへ参戦、
そこでも2敗ということで、通算1勝4敗と結果は残念で終わりました。

最後の公式戦である市長杯が終わり、大きい規模のカップ戦で、
しかも泊まりで参加できるこの大会は、6年生にとっては最後の戦い、
と同時に思い出に残ること間違いなしの大会となります。
昨年も参加させて頂きましたが、とても楽しい思い出として残っています。

そのような思い出深い大会にすべく、なんとか勝利を、
そして一生懸命に戦った証しを残してあげたいと思っていましたが、
初日から子どもたちの覇気があまり感じられない。
そうなると勝負にも当然勝つことが出来ないわけですが、
負けてもさほど悔しそうじゃない感じ。

若いコーチとなだめたりすかしたり...
なんとか試合を追うごとに少しずつ闘えるようになってきました。

2日目の最後の試合では不運もあり負けはしたものの、
最後まで必死さが伝わる戦いぶりを見せてくれました。

試合後は6年生だけだはなく、5年生以下の子どもたちも涙を流していました。

この涙が、最後の試合だったからなのか、悔しかったからなのか、
少なくとも、これまでの涙とは少し違う意味があると感じました。

これまでもこの年代は負けたり交代させられたりして泣く選手がいましたが、
なにか悔しいとか自分に歯痒いとかの涙ではなく、
泣くことで自分を正当化するような、全力を出せたかどうかがよく判らない
自分を許すような感じの涙でした。

それがこの日の涙は、それではないということは確信できました。

なかなか思うように伸びることのできなかった年代でしたが、
最後の最後になって少し成長できた感じです。

でも、最後だからといって決して遅かったわけではなく、
これからの人生において、サッカーを続けるかどうかも別にして、
絶対に糧になる涙だったように思います。

必死に一生懸命にやって結果が伴わなければ、めちゃくちゃ悔しい。
でもその分、必死に一生懸命にやって勝つと、めちゃくちゃ嬉しいから。


最後に、大会を運営頂きましたFC ALLOROの指導者と保護者の皆さま、
宿泊先となりましたグローバルアリーナの皆さま、誠に有難うございました。

今年も素敵な思い出になりそうです。



↓ 応援の一票を m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓ 他のブログにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments


Body

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。