footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームプラン:ジュニアユース県リーグ観戦

■大会名:第9回福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ(2部A)
■日時:2017年4月30日 11:40 kick off
■会場:宗像ふれあいの森総合公園

CAグランロッサ 1-5 筑後サザン

---
いやー、筑後サザンさんは強い。

キャプテンと副キャプテンを含めた主力5名を欠いていたという
ベタベタの言い訳をしたとしてもチームとしての実力差は明白でしたが...


この試合は幾つかのサプライズが用意されていまいた。

最初の驚きは、スタメン。
6人招集されていた2年生のうちスタメン常連の1人以外の5人をスタメン起用。
前半を何とか凌いで後半勝負というプランか?
そもそも前半をベスメンではない状態で凌げるのか、
後半に勝負をかけられる状況が残されているのか。
後半にベスメンになっても互角に渡り合えるのか。


そんな予想が覆されたのが2つめの驚き。
なんと相手のオウンゴールとはいえ先制、1-0で試合を折り返すことに成功。
相手にとってはさほど難しくはないフリーキックでしたが、
ゴール前でしっかりとカラダを寄せて競っていたことで
オウンゴールを誘発させました。

ボランチのひとりはコンビとのバランスがあまり良くなく
ある意味、不可抗力的に交代しましたが、
GKの立ち上がりの2回のビッグセーブ、左サイドの選手の激しい上下動、
トップとトップ下からの献身的なチェイシングと、
2年生は3年生に負けないくらいの気迫でミッションを全うしていました。


そして次の驚きは、
後半スタートにトップとトップ下が交代してベンチに退いたこと。

おそらく当初のゲームプランどおりの交代だとは思いますが、
特にトップの選手は、上背もスピードもあり、
ルーズなクリアボールでも競り合うことで相手の脅威になっていたので、
当然行けるとこまで引っ張ると考えていました。
相手は明らかに嫌がっていたので。

結局、代わった選手が悪いわけでもないのですが、
戦い方にもフィットできないうちに逆転され、
挙句突き放されるような屈辱的な敗戦となってしまいました。


誰が悪いわけでもないのかもしれない...

急に戦い方を変えても上手くいくはずがない、
普段どおりの自分たちの闘い方をするべき、という意見もありますが、
自分はそれはただの玉砕で、ある意味考えることを放棄していると思います。

ギリギリまで勝てる可能性を模索して、
カッコ悪いながらもしっかり守って長いボールをFWに競らせるような
今回のプランを選択したことは、力関係を考えると率直に評価したい。

ただ、おそらく勝っている状態での前半終了からのプランが
用意されていなかったのかなとは感じます。

もっと言うと、少しだけ優しさも出たのかと。
選手たちが、3年生が中心になって決めたプランを覆すことを
躊躇ってしまった優しさ。

これは本当に仕方が無いことだと思うのです...


この敗戦で余程のことがない限りは目標にしていた自動昇格は難しくなりましたが、
この試練も明日への糧として前向きに捉えたうえで
さらに上を目指してもらいたいと思うのです。


Animo! Animo! CA.GRANROSSA!



↓ 応援の一票を m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓ 他のブログにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments


Body

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。