FC2ブログ

footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1点の重み:ジュニアユース県リーグ観戦

■大会名:第9回福岡県ユース(U-15)サッカーリーグ(2部A)
■日時:2017年5月7日 11:50 kick off
■会場:早良高校グラウンド

CAグランロッサ 0-1 ドゥマン・ソレイユ


前日のクラブユース選手権で県大会出場を決めた一戦では、
底からは脱した感もありましたが、それが本物かどうかを見極める大切な試合。

結果的には、まだまだ本物ではなかった。

道のりは険しいけど、険しければ険しいほど最後に
素晴らしい景色が広がっているはずです。
あきらめないで前に進もう。


立ち上がりは互角の展開。
蹴り合いが続くような状況から10分過ぎに斜めから裏に入れたパスに抜け出し、
ドゥマン・ソレイユが先制。
実際にはかなりいい感じにオフサイド。
しかし副審を選手がやる県リーグでは仕方のないこと。

とにかくボールが落ち着かない。
受け手の動き出しがないので、出しどころがなく、奪い合いの様相に。

前半はそのままスコアは動かず0-1。

トップの選手と他の選手の距離感が良くない。
トップが下がると相手のDFを引き連れてくるので、相手は自然と押し上げができてしまうので、
下がりすぎは禁物。
しかし高く張りすぎてしまうとMFとの距離感は離れてしまい、
孤立することになる。
ほぼ中央に張って左右のボールサイドへの動きのみになっているので、
ロングフィードを頭で競るだけではなく、
もっとコンパクトな陣形を意識して、
時折、あえて下がってきて縦パスを受けたりするような工夫も必要か。


後半のスタートは選手交代なし。

なかなか好転しない展開に次々とサブのメンバーを出場させるも得点には至らず。
それでも終了間際に、途中からトップに入っていた次男が
ペナルティエリアでDFと入れ替わり前を向いてシュートを撃てる状況になるも、
シュートは相手GKに弾かれ、そのまま試合終了のホイッスル。


重い重い1点...

息子よ、この得点1、勝ち点1を逃したことで、
リーグ戦の最後にとんでもない後悔をすることになるかもしれない。
確かにそれほど簡単なシュートではなかった。
でも、あそこで決めると決めないのでは天と地ほどの差があった。
それくらい重要なシュートだったのは確か。

なのに、悔しさを隠すような仕草だったと思うけど、
白い歯を見せながら帰り支度をするような姿はもう見せないでくれ。

試合に出られない3年生もいる、
もっともっとギリギリのところで頑張っている選手もいる。
そんな選手の前であんな姿はもう見せないでくれ。

でも、決められなかったことは、
もう過去のことなので取り戻すことはできない。

ならば、これからどうするのか、
同じような場面がやって来たときに絶対に決められるようにするには、
これからどうするのかだ。


Aチームで試合に出るということは、
それくらい重い責任が伴うということ。



↓ 応援の一票を m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓ 他のブログにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comments


Body

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。