footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーキック

夢のようだった、というと大袈裟かもしれませんが、それぐらいのインパクトのあった日曜日の金沢戦。
当然もう一度観たくなるわけです。DAZNって便利。
夜な夜な焼酎片手に見直していると、解説に共感するところがあったので少しだけ。


日曜日の試合のDAZN解説はアビスパの監督経験もある皆さんご存知の川勝さんでした。
風貌に似合わず? というと怒られるかもしれませんが、とても噛み砕いて解りやすい、
選手目線と監督目線を織り交ぜた解説をされます。
監督時代に一緒だったアビスパの選手には少しだけ思い入れを込めてくれる、
好きな解説者のひとりです。

試合の後半に相手ゴール前の混戦で亀川が至近距離からの決定的なシュートをGKに弾かれた場面で、
こんなときは今の亀川のようにインステップで振りかぶってシュートを撃つよりも、
例えばブラジル人選手なら迷わずトーキックを選択するはずとコメント。
実況アナウンサーが日本人選手はトーキックを蹴ることに少し抵抗感があるイメージと返す、
すると川勝さんがそれは指導の仕方が良くないと。
ゴールまでの距離が短いので上下左右の正確性よりも相手GKが体勢を整えるまえに
膝下だけで素早く蹴ることができる方法を選択すべきと。


個人的には激しく同意です。

トーキックも立派な技術のひとつ。
なのに、トーキックで蹴ると、理由も伝えずに「トーキックで蹴るな」と言うような
ジュニアなどの指導者がいまだに散見されます。

ベースはもちろんインサイドキックやインステップキックでしょう。
ただ、キックの種類という観点で考えると、アウトサイドキックもトーキックも
習得しておくべきものだと思いますし、多くの指導者はアウトサイドキック、ましてやトーキックは
あまり教えようとしない。
状況に応じたキックの引き出しがたくさんあるのは、試合では絶対に役に立つはずなのに。

低学年は特に簡単に蹴りやすいトーキックばかりになりがちですが、
トーキックの不正確なところやインサイドキックの正確なところや
アウトサイドキックの意外性やインステップキックの遠くに飛ばせる理由を説明したうえで
習得させればいいのかな。
キック精度の向上は蹴った量が勝負。試合ではとっさに身体が反応するぐらいの時間しか
与えてもらえない。考えて蹴る暇はないはず。

あと、以前トーキックでゴールを決めた子どもにいきなり「トーキックはダメでしょ!」と
言っていた指導者がいましたが、これもまずはナイスゴールとゴールを決めた事実を認めてから
インサイドキックやインステップキックの習得の必要性を説いてやればいいのにと感じました。
まずは成功体験を実感して、モチベーションが上がった状態のほうが吸収力も上がると思うのです。


同じような理由で、日本人選手にはネイマールのように足の裏を上手に使える選手が
限りなく少ないように感じます。
足裏トラップも日本では基本から外れていることをしているようなイメージが一部ありますが、
ピタッと止めてしまって次の動作につなげる場面も試合では結構たくさんあります。


前にフットサルの選手に訊いたときに、南米の選手はボールを蹴ったり止めたり、
ドリブルしたりフェイントをかけたりするときに、親指と足裏をとても繊細に上手く使うらしいです。

なかなか解りづらい感覚ですが、ここらへんの感覚が最後のところでは結構重要なのかもしれませんね。



↓ 応援の一票を m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓ 他のブログにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments


Body

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。