FC2ブログ

footyなひとりごと

(MSSC Archives 管理人ブログ)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだこれから!:FC岐阜 1-2 アビスパ福岡

■ J2リーグ第34節
■ 2017/09/24 14:00 KickOff
■ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場

FC岐阜 1-2 アビスパ福岡


色々と言いたいこともあるけど、とりあえず久しぶりに勝ったぞ。
これで一気に流れが変わるかもしれない。

前節に続いてウェリントンを欠くなかでの戦い。
実に7試合ぶりの勝利となりましたが、流れを変えるべくどのような策を講じてきたのかに
注目して観戦しました。


【スタメン】
仲川
坂田 三門 ジウシーニョ
山瀬 ウォン
亀川 岩下 冨安 駒野
杉山

(sub)神山、堤、エウレー、北斗、城後、松田、石津

スタメン発表時には、仲川と坂田の2トップにサイドにジウシーニョと山瀬、
ダブルボランチに三門とウォンという布陣かと考え、変化に乏しいスタメンだと少し意気消沈気味でしたが、
蓋を開けてみると、なんと仲川の1トップに三門のトップ下の4-2-3-1でした。
ちょっとした驚きと、前に三門のトップ下の布陣を観たときはあまり上手くいかなかった印象があったので、
同時に不安も感じさせました。
積極的なプレスでできるだけ前でボール奪取してショートカウンター狙いという策か。
前半は様子見のようなこれまでの戦い方に比べるとポジティブに解釈したいところ。


【強者の戦い方ではなかったが...】
結果はご存知のとおり、26分にセットプレーから岩下のバースデードンピシャヘッドで先制し、
72分に代わって入ったばかりの松田のゴールで突き放し、
最後は押し込まれたものの岐阜の反撃を1点で押さえて2-1で辛くも勝利することができました。

立ち上がりはトップ下に入った三門を中心に積極的なプレスで重心が前掛かりな戦いができていましたが、
先制すると意識的にというよりも無意識に重心が下がり始めて
ほとんどの時間帯で主導権は岐阜にあるような戦いに終止しました。

勝ちたい、勝たなければ、という思いが慎重にそして臆病にさせてしまったところもあったと思います。
岐阜の最後のところの精度の部分や微妙なオフサイド判定などもあり、
何とか最小失点に抑えることができましたが、
終わってみればボール支配率(34%:66%)、シュート数(8:16)とスタッツではほぼダブルスコアとなるような、
決して強者の戦い方ではありませんでした。
とても3位と15位の対戦とは思えないようなものでした。

初めてと言っていい仲川の1トップもなかなかボールが収まらず決して機能していたとは言えず、
ゲームスタート時はそれなりに功を奏していたトップ下 三門のプレスもチームの重心が下がってしまえば、
効果的にはならない。
サイドハーフの位置取り、特に坂田は献身的な守備の代償で、高い位置でボールを奪っても
深い場所にいることが多いのでショートカウンターにほとんど参加できない。
後半の途中からはサイドハーフがDFラインに吸収される場面が多くなり、6バックような状態に。
勝っているときは積極的だった交代策も、ここ数試合と同じように動きが遅く、
3枚のカードを効果的に使ったような印象にはなりませんでした。

それはまるで下位チームのなりふり構わないような戦い方でした。


【キャプテン三門の犠牲心】
シーズン前半戦の戦いぶりからすると、何とも心許ない、
これが自動昇格を目指しているチームかと疑いたくなるような姿。
しかし、このなりふり構わない戦い方が何かを変えてくれるような気がしてなりません。

そして、何といってもキャプテン三門です。

試合のスタートからかなり飛ばしていて、これは行けるとこまで行って途中交代が前提かと
思わせるような飛ばし方でした。
後半の途中からはチームが押し込まれた状態になって前からプレスに行けなくなっても
三門は変わらず走り続けてくれました。

このキャプテンの背中で魅せる頑張りには胸を打たれました。
何とかして勝とう、何とかしてチームに貢献しようとする想いが、
プレーに、そしてカラダ全体から湧き上がっていました。

おそらく、この頑張りが、そしてこの犠牲心が、岩下のバースデーゴール、杉山のビッグセーブ、
2点目のときの仲川の渾身のボールキープ、交代で入ったばかりの松田のゴールという采配的中
などを、
導き出してくれたのだと思います。

もちろん他のメンバーも懸命に仕事をした結果ですが、昨日のキャプテンは本当に凄かった!


---
キャプテンをはじめ、みんなの頑張りで流れを変える条件は整ったと思います。

約1ヶ月半ぶりの勝利。長かった...
この勝利はただの1勝、ただの勝ち点3ではない重たい価値のある勝利になりそうです。

試合後に岩下が言ったとおり、まだ自動昇格はおろか優勝をあきらめたわけではありません。
実際にこの日は首位湘南が17位の京都と引き分け、7位徳島も14位町田と引き分け、
2位長崎は12位千葉に勝つには勝ったもののアディショナルタイムでの決勝点。
6位の松本に至っては、21位の山口に2-0から後半39分からの7分間で3失点し悪夢の逆転負け。
J2は、そしてサッカーは何が起こるか本当に判りません。


昨日の勝利で流れを変えられれば、残り8試合を負けなしというのもあり得なくはありません。
一昨年の終盤にそんなアビスパを目の当たりにしている自分たちからしてみれば、
それが決して夢物語ではないということは理解できるはずです。

まだまだこれからだよ!



↓ 応援の一票を m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓ 他のブログにはこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comments


Body

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

redstar14

Author:redstar14
ブログへようこそ!
サッカーのことを中心に、思いついたときに思いついたままを書いていきます。
長男の高校サッカー、次男のジュニアユースサッカー、自分が携わる少年サッカーや4級審判員として、そしてアビスパ福岡や日本代表などなど。

フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。